2015年08月03日

三田かるがも園(定例ミーティング)

7/27、三田かるがも園の定例ミーティングに参加してきました。
6/20にポット苗で修復を試みた経過がどうなっているかも確認してきました。

園庭の端で、雑草の密度の高い部分を切り取ってポット苗を植えつけた部分は
それなりに生育していましたが、雑草が出てきている部分とそうでない部分があり
その違いが何処にあるのか気になりました。
園の話では、雑草の少ない部分は砂を他の部分より多く入れたそうで
そのことが影響しているのかもと思います。

園庭は見事な草っぱらとなっています。
センター側の園庭もよく刈り込みをしてもらっているようで、きれいな園庭になっています。
ここは施肥も散水も行っていません。

園庭の様子です。
s6三田定例ミーティング150727 (6).jpg

s8三田定例ミーティング150727 (8).jpg

センター側の様子です。
s9三田定例ミーティング150727 (9).jpg

s10三田定例ミーティング150727 (10).jpg

s11三田定例ミーティング150727 (11).jpg


ポット苗の修復地です。雑草がかなり出ています。
s1三田定例ミーティング150727 (1).jpg s2三田定例ミーティング150727 (2).jpg

雑草が殆ど出てきていない部分です。
s3三田定例ミーティング150727 (3).jpg

小さなスポット的にポット苗を植えた部分です。
雑草を切り取って植えると、ティフトンは生育しています。
s4三田定例ミーティング150727 (4).jpg s5三田定例ミーティング150727 (5).jpg

ポット苗だけを雑草の中に植えつけた部分は
ランナーが浮き上がって定着できていません。
s7三田定例ミーティング150727 (7).jpg
posted by shibafu-staff at 11:12| 大阪 | 三田かるがも園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする